border
白川郷観光情報
白川郷で見る白川郷を体験する白川郷を知る白川郷で食べる白川郷に泊る
スペース白川郷の歳時記スペース白川郷への交通・アクセススペース白川郷観光時のお願いスペース白川郷観光マップスペース観光ガイドサービス(外部サイト)スペース地域限定特例通訳案内士
スペース
知る 白川郷のむかし話
[おうごんのはくさんさま]

黄金の白山様

更新日:2012年09月10日

金森(かなもり)の殿様が飛騨を平定しなさったころの話やというから、今から四百年ほども昔のことじゃ。白川郷の保木脇(ほきわき)に帰雲城(かえりくもじょう)というお城があって、内ヶ島(うちがしま)という殿様があたりをおさめておった。城下には三百軒ほどの町もあって、たいそうにぎわっておったそうな。

その保木脇に武七(ぶしち)という百姓が住んでおった。武七は番持石(ばんもちいし)*1をかつがせたらかなう者がいないというほどの力持ちじゃった。

*1:[番持石]力くらべのために、持ち上げた石。

春のおそい白川郷でも、雪の下から蕗(ふき)のとうが顔をのぞかせる、三月も末のある日。

「そろそろ春になったで、冬のうちにふんごみ*2しておいた熊をとってこようかい」

*2:[ふんごみ]前もって調べておくこと。

と、大きな山槍を持ち、わらで作った雪ぐつと、はばきで足をかためた武七は、犬を一頭つれて、シッタカ谷から山へ入った。

「春先にとれた熊の胆(い)は、どんな病にでもとてもよう効く。それに、同じ重さの金と交換できるほど高く売れるんや。なんたって、金胆(きんたん)というくらいやからのう。初雪のころに熊の寝屋(ねや)を見つけて、今まで待っとったかいもあるというものじゃわい。犬をけしかけておいて、ねむけまなこではい出してきたやつを、この槍でブスッとひとつきじゃ」

わくわくしながら、そんなことを思いめぐらす武七の足どりは軽かった。

しかし、なんとしたことだろう。ふんごみしておいた穴や、木の洞(ほら)を、一つ一つさがしてまわったが、この年にかぎって一頭の熊も見つけることができなかった。いつのまにか武七は、シッタカ谷から三方崩(さんぽうくず)れ、奥三方を通って尾根づたいに白山まで来ておった。さすがにくたびれた武七は、

「こりゃあ、今日一日骨おりぞんじゃったわい」

と、白山様のお堂の前でひと休みすることにした。そのうちふと、「白山様は黄金でできておって、それはそれは、りっぱなものじゃそうな」と、以前だれかに聞いたことを思い出した。

「本当じゃろうか。もしそうなら、一度でよいで見たいものじゃ。そやけど、バチがあたるかもしれんな・・・・・・」

「おおっそうじゃ。ちょうど山の神様にさしあげる、おこぜの干物があったわい。これをおそなえするためなら、バチもあたらんじゃろう」

そーっと戸に手をかけると、どうしたことか苦もなく開いてしまった。おそるおそる中をのぞいてみると、ほの暗いお堂の中に、身の丈一尺(みのたけいっしゃく)*3ほどもある黄金のご神体が、あたりをまばゆく照らしておった。

*3:[一尺]約三十センチメートル。
黄金の白山様 その1

「おおっ・・・・・・。これは、なんともりっぱなご神体じゃ」

武七は、ごくんと息をのんで、しばらく見とれていた。そのうちに、

「さいわい、だれも見ている者はおらんわい。この白山様をとかして売れば、二代や三代遊んで暮らしても、まだあまるほどのお大尽(だいじん)になれるぞい」

という悪い心がわいてきて、どうしてもおさえることができんようになった。初めはこわごわ、そしてだんだんと力をこめて持ち上げようとした。しかし、三十八貫*4もある大番持石さえさし上げることのできる武七が、押しても引いても、白山様はビクとも動かなかった。

*4:[三十八貫]約百四十キログラム。

日もだんだん西の方へ傾いて、あたりがまっ赤な夕焼けにそまってきたので、武七はとうとうあきらめた。そして、戸をもとどおりに閉め、郡上(ぐじょう)の高鷲(たかす)の方へ下っていった。

麓まで下りてきた時には、もうすっかり暗くなってしまっていた。しかたなく、昔からの知り合いの折立(おりたて)の弥吉(やきち)という者の家に、一晩泊めてもらうことにした。

その夜、いろりばたで火にあぶられながら、今日のできごとを話していると、そばで聞いていた弥吉の老母が、

「そりゃあ、おしいことをしたなあ。おりにも分けまえをくれれば、とり方を教えるぞ」

とホダ*5をポキンポキンと折っては、火にくべながら言う。

*5:[ホダ]燃えやすい枯れ枝のこと。

「そんなよい思案があるんなら、三分(さんぶ)はくれるわい」

「三分か。まあよいじゃろ。そんなら、こいつを持っていって白山様にかぶせてみい」

と、自分のうすぎたない腰巻(こしまき)をはずして、武七にわたした。

「こんなもんで白山様を動かすことができるのか」

「おうよ、神様はけがれを嫌うものじゃ。これをかぶせてやれば、どんな神通力(じんつうりき)も消えてしまうわい。まあ、いり豆でも食って、まめで行ってこい」

と言って少しばかりのいり豆も袋に入れてわたしてよこした。

次の日、武七は人目をさけてまた白山へ登った。教えられたとおりに腰巻を白山様にかぶせてみると、昨日のことはうそのように、雑作(ぞうさ)もなく黄金の白山様を持ち上げることができた。武七は、腰巻にご神体をくるんだまま、保木脇まで持って帰った。

黄金の白山様 その2

しかし、このままでは銭にかえられないので、溶かして奥明方(おくみょうがた)の金山へでも売り飛ばそうと考えた。

七日七夜、武七は顔をまっ赤にして炭をくべ、ふいご*6でふいたが、どんなにしても黄金の白山様は溶けなかった。

*6:[ふいご]かじ屋などで火をおこすために風を押しだす道具。

黄金の白山様 その3

そこで、腹を立てた武七は、白山様を庄川へ投げこんだ。

ちょうどその時じゃった。大地震がおきて帰雲山(きうんざん)が崩れ、城も、町も、すべてうめつくされてしまったということじゃ。

おしまい

spacer spacer
▲このページの上へ