border
白川郷観光情報
白川郷で見る白川郷を体験する白川郷を知る白川郷で食べる白川郷に泊る
スペース白川郷の歳時記スペース白川郷への交通・アクセススペース白川郷観光時のお願いスペース白川郷観光マップスペース観光ガイドサービス(外部サイト)スペース地域限定特例通訳案内士
スペース
知る 白川郷のむかし話
[おおだなのおおやまねこ]

大棚の大山猫

更新日:2012年10月10日

「今日は、ひとりでどこへいきゃるよ」

野良仕事に向う又佐(またさ)が、権次(ごんじ)に声をかけた。

権次は、兄の五衛(ごえい)と共に弓の名人で、狩りで身を立てていた。いつもだと、兄弟の五衛と権次の二人で狩りに行くのだが、今日はあいにく兄の五衛はかぜぎみだった。

「大棚へ行って来るわい」

権次は、かろやかに返事をした。

大棚に行くには、荻町村からまず戸ヶ野へ登る。あたりは栗林で、そよ風は今をさかりと花粉をまき散らしている。秋になれば栗拾いでにぎわうところだ。ここから尾根づたいに、島ノ上・カラ松・大棚へと続く。

大棚というのは、文字どおりの高台の平地で、棚のようになっている。そのほぼ中央に大棚の池といわれる沼地があり、ところどころに管(すげ)がおいしげっている。まわりは、うっそうとした林におおわれ、鳥やけものの水飲み場になっている。古木に身を寄せて、じっと獲物を待っていると、たいくつする暇がないほど鳥やうさぎなどがとれた。
権次は、これからそこへ向うのである。

「わりゃためらえや、このごろ大山猫が出るってこっちゃで」

又佐がこんなことを言ったのにも、わけがあった。村人のうわさによると、大山猫というやつは、とんでもないやつで、小熊ほどもある体に松ヤニをつけ、砂の上をころがりまわる。それを何回もくりかえして、体じゅうが亀の甲のようになっているという。しかも化けては人々を悩ませるということであった。

権次も、このうわさを知らぬわけはなかったが、何といっても弓の名人、狩りの神様と言われているから、怖がるわけにはいかなかった。

足早に山に向う権次に、愛犬シロがしっぽをふりふりついていった。

兄の五衛は床(とこ)にふせっていたが、多少気分もよくなったので、床をはなれて昼飯をすませたときであった。キャンキャンというシロのただならぬ鳴き声で、五衛はおもてへとび出した。昼下がりの太陽の光はまぶしい。シロは、しきりに五衛の着物のすそを口でくわえて引っぱりながら、何かをうったえるのである。五衛は、急に胸さわぎがした。

「権次に何事か起こったにちがいない・・・」

さっそく身支度(みじたく)をととのえると、愛犬クロと共にシロの後にしたがった。歩きなれた山道は、さほど五衛の身にはこたえない。山の奥へ奥へと入って行った。

大棚の大山猫 その1

ようやく大棚の池まで行くと、何と静かなことだろう。いつものようすと全くちがうのである。

「何かあるぞ」

感じながら狩り場へ来てみると、どこにも権次の姿は見えない。かすかにクンクンならすシロの鼻息を耳にしながら、しばらく行くと、どこからともなく生あたたかい風がスーッと吹いてきて、ほほをなでた。すると、たちまち一点の黒い雲が広がり、あたりは真っ暗になってしまった。荒れ狂う風に木々はうなりをあげ、雪が舞い始めた。思わず五衛が立ちすくむと、シロもクロも五衛の股に入り、しっぽを下げてぶるぶるふるえている。雪はみるみる積もって、腰ほどにもなってしまった。

その時、はるか向こうにかすかな明かりが見えだした。

「こんなところに、家はないはずだ・・・」と思いながら、やっとたどりついてみると、お助け小屋とも思える小さなみすぼらしい家である。

五衛は、障子のやぶれから中をのぞいてびっくりした。頭の毛をふり乱した老婆が糸をつむいでいた。ギョロリとした大きな目玉は、ローソクの光に照らされて、ギラギラ輝いている。グッと低い声でうなるように聞こえるのは、歌であろうか。

五衛は、背筋が寒くなるのを覚えた。さては弟の権次、この化け物にたぶらかされたにちがいない。五衛はすばやく背中の矢筒から矢をぬきとると、弓をつがえて満月のごとくふりしぼり、老婆めがけてはっしと射た。

「やった」

と思ったが、老婆は身動きもしない。

大棚の大山猫 その2

弓の名人と言われるこのおれが、不覚をとるとは誠に残念。今度こそはと、心臓をねらった。しかし、何の変化も起こらない。頭を、目をと、ねらい所を変えて矢を射る。そのうちに最後の一本、鏑矢(かぶらや)*1だけになってしまった。その時、ふと、「化け物は、明かりをねらえ」という昔の人の言葉を思い出した。

*1:[鏑矢]木・竹の根または角(つの)で「蕪(かぶら)」の形をつくり、これを矢の先にしたもの。

五衛は、鏑矢を取り出すと、祈る思いで矢の先につばをつけた。そして、ローソクの明かりにねらいを定めた。

老婆のまゆが。ぴくりと動いたかに見えた。

力いっぱい射た矢は、一直線にローソクの炎をつきぬいた。

「ギャー」

天地もさけんばかりの音とともに、空が真っ二つに割れて青空が広がった。あたりの雪も家も消え失せ、太陽が輝きはじめた。

目の前には、大山猫が目を射ぬかれて死んでいた。まわりは折れた弓矢が散らばっており、無残にも弟権次が八つざきにされていた。

大棚の大山猫 その3

五衛は泣いた。大声を上げて、男泣きに泣いた。この時の涙が流れて五衛谷となった。今でも、水くみのできるところが、五衛ミンジャ*2として残っている。

*2:[ミンジャ]白川村の方言で「水屋」の意味。

おわり

spacer spacer
▲このページの上へ