border
白川郷観光情報
白川郷で見る白川郷を体験する白川郷を知る白川郷で食べる白川郷に泊る
スペース白川郷の歳時記スペース白川郷への交通・アクセススペース白川郷観光時のお願いスペース白川郷観光マップスペース観光ガイドサービス(外部サイト)スペース地域限定特例通訳案内士
スペース
知る 白川郷のむかし話
[くまとりぎんしろう]

熊とり銀四郎

更新日:2013年02月13日

昔、馬狩(まがり)に、銀四郎という熊とりの名人がおった。四角い赤ら顔をした、六尺*1あまりの大男で、大変な力持ちであった。みんなから「熊とり銀四郎」と呼ばれ、その名は近くの村々にまで、よく知れわたっていた。

*1:[六尺]約百八十センチメートル。

ある年の三月の末、銀四郎は、ひとりで三方岩へ熊とりに登った。三方岩から野谷荘司(のだにしょうじ)へ行く途中で、昼めしをとることにした。よく晴れた日で、馬狩の里が手にとるようによく見えた。

しばらくすると後ろの方からガヤガヤと人の話し声がして、やがて五、六人の中宮*2の猟師たちが登ってきた。

*2:[中宮]現在の石川県中宮温泉

「でかい熊やったなあ」

「こんなでかい熊は、はじめてや」

「山の主(ぬし)でないか」

「そやけど、うまいことしとめたもんやなあ」

猟師たちは熊の皮をはぎ、肉をわけて、重そうにかついでいた。そして熊をしとめるための槍を杖にして、銀四郎の休んでいるところへやって来た。

銀四郎は、「どでかい熊をとったそうじゃが、ちょっと見せてくれんか」と、たのんだ。中宮の猟師たちは、自慢げに荷を背からおろして、ひろげて見せてくれた。

熊とり銀四郎 その1

なるほど、自慢するだけあって毛並、つや、ともにそろった大物だった。さすがの銀四郎も目を見はった。見とれているうちに、この毛皮が無性(むしょう)にほしくなった。

そこで、中宮の猟師たちのちょっとしたすきを見て、さっとその熊の皮を尻にしき、切り立った山はだを雪けむりをたててすべりおり始めた。

熊とり銀四郎 その2

おどろき、怒った中宮の猟師のひとりが、手にした槍を銀四郎めがけて投げつけた。しかし、目もくらむような急斜面だから、すべりおりる方もはやい。

熊とり銀四郎 その3

銀四郎は、途中で一度ヒョイと立った。その股の間を槍が、猛烈な勢いでくぐりぬけようとした。銀四郎はすばやく槍をひっつかみ、雪けむりと共にすべりおりていった。

中宮の猟師たちは、この命がけの冒険をあっけにとられて見下ろしていた。

やがてわれにかえると、腹のたつのも忘れて、銀四郎の度胸の良さをほめたたえたと言われている。

おわり

spacer spacer
▲このページの上へ