border
白川郷観光情報
白川郷で見る白川郷を体験する白川郷を知る白川郷で食べる白川郷に泊る
スペース白川郷の歳時記スペース白川郷への交通・アクセススペース白川郷観光時のお願いスペース白川郷観光マップスペース観光ガイドサービス(外部サイト)スペース地域限定特例通訳案内士
スペース
知る 白川郷のむかし話
[きちぞうさんのよびごえ]

吉三さんの呼び声

更新日:2013年04月10日

荻町村(おぎまちむら)に吉三という男が住んでいた。夏場は百姓で、冬場になると猟師として、山野を駆(か)けめぐる、とても元気な男だった。

吉三は獲物をもとめて、千蓋岩(せんがいわ)あたりで狩りをしていた。突然、岩穴から一匹のキツネが飛(と)び出した。

吉三さんの呼び声 その1

「しめた! 毛並のいいやつじゃわい」

吉三は、急いで弓に矢をつがえてねらったが、キツネは雪の上をかるがると走り、川をとびこえて向こう岸へ逃げた。逃がすものかと吉三も川を渡って追いかけた。足あとだけを残して逃げるキツネを追って、神谷(かみだに)の里まできた吉三は、与衛門(よえもん)の蔵(くら)のえんの下でキツネの足あとがとぎれているのを見とどけた。

「ようし、もう逃がさないぞ。出てきたところをねらってやろう」

そう思った吉三は、そばの小屋のかげに隠れてキツネの出てくるのを待った。

しばらくして、うしろに人の気配(けはい)がしたのでふり向くと、美しい着物を着た色白のきれいな女が立っていた。今まで見たこともないような美人だった。にこっとした女の顔を、吉三は「ボーッ」として見とれていた。

やがて女は、手まねきするように、川の方へ歩きはじめた。吉三もふらふらと女の後についていった。川辺の大きな岩の上に立った女は、いきなり身をひるがえして川の中に「ドボーン」と飛び込んでしまった。やっとで我にかえった吉三は、

「おーい! おーい」

と大声で女を呼んだ。とそのとき、大地がぐらぐらとゆれ動き、川の水がもり上がって、吉三は川の中にひきこまれてしまった。

吉三さんの呼び声 その3

この大地震によって、保木脇(ほきわき)にあった帰雲城(かえりくもじょう)はいっしゅんにくずれて落ち、町をうめつくしてしまった。荻町村でもおおかたの家がつぶれてしまった。

最近まで、千蓋岩のあたりを通ると、川向いの神谷の方から風にのって、

「おーい、おーい」

という吉三のさけび声が聞こえてきたということだ。

おわり

spacer spacer
▲このページの上へ