border
白川郷観光情報
白川郷で見る白川郷を体験する白川郷を知る白川郷で食べる白川郷に泊る
スペース白川郷の歳時記スペース白川郷への交通・アクセススペース白川郷観光時のお願いスペース白川郷観光マップスペース観光ガイドサービス(外部サイト)スペース地域限定特例通訳案内士
スペース
知る 白川郷のむかし話
[さんぽういわのたからもの]

三方岩の宝物

更新日:2013年05月10日

今から四百数十年も前のことです。白川郷帰雲城(かえりくもじょう)の殿様は、領内(りょうない)の金山からとれたたくさんの黄金を、軍用金(ぐんようきん)として城内の蔵(くら)におさめていました。そのうわさを聞きつけて、遠い伊賀(いが)の国*1から、一人の盗賊(とうぞく)が来て城下町に住みつきました。

*1:[伊賀の国]現在の三重県西部。
三方岩の宝物 その1

この盗賊の名前を、人々は「八五郎」と呼んでいました。八五郎は城下町で、青物屋(あおものや)を開きました。他の店よりも安く売っていたので、店はいつも繁盛(はんじょう)していました。八五郎は、城中にも品物を売りに入りました。そして、黄金の蔵へ忍(しの)び込む方法がないかと、ひそかに考え、時のくるのを待ちかまえておりました。

やがて、盆おどりの季節をむかえ、城下町では、おどりのけいこでにぎわっていました。そんなある晩(ばん)のことです。伊賀育ちの八五郎は黒しょうぞくに身をつつみ、お城に忍び込みました。めざす黄金の蔵は、一番奥にあります。近づくにつれて、警戒(けいかい)がいよいよきびしくなり、少しの油断(ゆだん)もできません。

伊賀流の忍術(にんじゅつ)を身につけている八五郎は、蔵の前につくと、七つ道具で戸を開き、中に入り込みました。黄金の延(の)べ棒(ぼう)をぎっしりつめた箱が、いっぱいに積み上げてあります。

八五郎は、背中にいくつかの箱を背負い、何かもっと良い物がないかと見回していると、桐(きり)の箱が目についたので、これも一緒(いっしょ)にかついで外へ飛(と)び出しました。

三方岩の宝物 その2

しかし、背中の箱が重くて、途中(とちゅう)で動けなくなりました。仕方なく城の石垣(いしがき)の石を抜き取って、その中に黄金の箱をかくし、桐の箱だけを持って、自分の家にやっともどりました。

次の日、城下は黄金の箱を持って逃(に)げた者がいると、大さわぎになりました。

これを知った八五郎は、城下町にいてはあぶないと思い、黄金を取りにもどることもできず、夜逃げをすることにしました。盗(ぬす)んだ桐の箱をかくし持ち、川下(かわしも)に向って急ぎました。夜明けのころ大窪(おおくぼ)の里に着きました。しかし、腹がへり疲(つか)れはて、どうにも動くことができなくなりました。そこで、近くの合掌造りの家に入って、助けをもとめました。

家の人たちは、八五郎の様子を見て気の毒に思い、あたたかくもてなしてくれました。やさしく信心深い人たちにふれているうちに、八五郎はついつい今までのことを、全部話してしまいました。

三方岩の宝物 その3

この家の人たちは、嘉念坊(かねんぼう)様の教え*2を信じておりますので、「それは悪いことをした。でも、ほんとうに悪いと思いあらためようとするなら、仏様は助けてくださるだろう」と言いました。

*2:[嘉念坊様の教え]親鸞(しんらん)の弟子(でし)である嘉念坊善俊(かねんぼうぜんしゅん)が白川郷に入り、広めた浄土真宗の教え。

こうして話を聞いているうちに、八五郎は自分のおかしてきた罪(つみ)の深さに心が痛(いた)み、なみだがこぼれおちてきました。

八五郎は、持ち出してきた桐の箱のことが気になり、ふたを開けてみました。すると、中に銅(どう)でつくられた箱が入れてあります。その箱は、どんなにしても開くことができませんでした。

「これには、大切な宝物(たからもの)が入れてあるのであろう。この箱は、高い山の頂上(ちょうじょう)に埋(う)めて、いつまでも人目にふえないようにすれば、少しは罪ほろぼしになるにちがいない」と考えました。

次の朝、八五郎は、三方岩岳(さんぽういわだけ)の頂上に登って、ひそかに桐の箱を埋めたということです。

おわり

spacer spacer
▲このページの上へ