白川村教育委員会
申請書のダウンロード
ふるさと寄付金
白川郷写真貸出
白川郷ライブカメラ
広報しらかわ
白川村求人情報
観光のお知らせ
Print This Post

合掌文化継承プログラム「われらがつくる茅ニュウ プロジェクト」

最終更新日:2015年8月11日

詳細は下記チラシをご覧ください。

世界遺産20周年記念住民主体企画メインイベント「われらがつくる茅ニュウプロジェクト」のお知らせです。

合掌造りの屋根材として使われている大切な伝統資材「茅」をみんなで刈り取り、その茅で20周年記念モニュメント「茅ニュウ」をつくります。プロジェクトは10月30日の「茅刈り」と11月9日の「茅ニュウ」づくりの2回開催となります。

茅刈りでは地元茅刈りエキスパートの方から茅の刈り方講習を受けていただき住民のみなさんと共に遺産地区近隣の「茅場」で刈り取りを行います。「茅ニュウ」づくりはその茅を運んで世界遺産地区内で記念モニュメント「茅ニュウ」をつくります。参加者の皆さんにはプロジェクトの記録動画のプレゼントがあります。

また、今回確保した「茅」は来年予定されている日本ナショナルトラスト所有の旧松井家の「結」の屋根葺きに使われます。秋晴れの白川郷の大自然の中で白川村民と一緒に汗をかきましょう!!

【茅ニュウとは】
合掌造り民家の屋根は茅(ススキ)で葺かれています。茅は昔から白川村周辺の山々の茅場で秋口に刈りとり、刈りとった茅を円錐状に積み上げて「茅ニュウ」をつくり春先に行われる葺き替えに備えていました。茅ニュウは冬期間、雪の中で埋もれて過ごし春先の屋根葺き前に掘り起こされて合掌造りの屋根に使われていました。茅保管庫が整備された現在「茅ニュウづくり」は行われなくなりましたが今回その「茅ニュウ」を世界遺産20周年記念モニュメントとして復活させたいと考えています。

われらがつくる茅ニュウプロジェクト概要

【場 所】 白川村内茅場 及び 荻町合掌造り集落内
【日 時】
  • A:2015年10月30日(金)茅刈り
  • B:2015年11月9日(月)茅ニュウづくり
【締 切】 2015年9月30日
【参加費】 A:10月30日、B:11月9日共にそれぞれ1,500円(地元食材を使った仕出弁当と「すったて汁」付)
【詳 細】
get_adobe_reader *PDFファイルがご覧になれない方は、左画像リンク先の「Adobe Reader」をダウンロード(無償)してご利用ください
このページについてのお問い合わせ
担当課:教育委員会 文化財係
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ