白川村教育委員会
申請書のダウンロード
ふるさと寄付金
白川郷写真貸出
白川郷ライブカメラ
広報しらかわ
白川村求人情報
観光のお知らせ
Print This Post

白川村観光ふるさと大使に歌手・俳優の高橋克典さんが就任!!

最終更新日:2015年12月2日

2015年11月27日「白川郷・五箇山の合掌造り集落」世界遺産登録20周年記念フォーラム(会場:トヨタ白川郷自然學校)において、「白川村観光ふるさと大使」に歌手・俳優の高橋克典さんが就任し、成原村長より委嘱状が手渡されました。

高橋さんは、2012年2月放送の白川郷を舞台としたNHKドラマ「家で死ぬということ」で主演を努められ、村に2週間滞在されました。この間撮影を通じて村民との交流も行われ、特に白川郷春駒保存会(写真後部)との交流による村の郷土芸能にも触れられたことが就任いただくきっかけとなりました。高橋さんは、「ただの観光PRではなく、合掌造りの保存の難しさ、大切さを伝えながら、村内の子ども達が将来村に戻ってこられるようなきっかけ作りも実施していきたい」と、村を応援する強い思いを語られました。

白川村観光ふるさと大使 高橋克典さん

●プロフィール●
高橋克典(たかはし・かつのり) 1964年12月15日生まれ。神奈川県横浜市出身。青山学院初等部・青山学院中等部・高等部卒業、青山学院大学経営学部中退。
脇役俳優を経て、1993年『抱きしめたい』で歌手デビュー。のちに俳優業もはじめ、『サラリーマン金太郎』や『特命係長 只野仁』などのヒット作品の主演も数多い著名な俳優さんです。シリアスなドラマや映画の出演のみならず、時代劇やバラエティー番組等幅広くご活躍しており、それぞれの分野で評価を得ています。
このページについてのお問い合わせ
担当課:観光振興課
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-2016
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ