暮らしの情報 文化財
Print This Post

遠山家シンガイ稼ぎ文書

最終更新日:2018年10月5日
→

遠山家シンガイ稼ぎ文書

解説

遠山家は近世代の名主役、硝煙の上煮屋・生糸等産物の産地問屋という、政経上において白川村を代表する有力家の一軒であった。また遠山家は「大家族」構成の典型的な例として注目されている。この文書は「大家族」時代の人々の生活を知る上で貴重な資料である。

シンガイというのは家長の統制から離れ「自由」な状態を表しており、シンガイ日といえば「休み日」ということである。こうしたシンガイ日に自分たちで開拓した農地の農作や、桑葉、山菜などの採取に従事し、自分たちで消費するもの以外は家長に買い取ってもらっていた。この文書は、これらのシンガイ物を買い取った家長のメモである。

概要

種別 古文書[村指定]
所在地 個人所有
員数 9点
指定年月日 平成27年4月1日
このページについてのお問い合わせ
担当課:教育委員会
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ