暮らしの情報 文化財
Print This Post

白川村の獅子舞

最終更新日:2018年10月5日
→

白川村の獅子舞

解説

当村の獅子舞は、舞い手が油単の中に入って八本足となる百足獅子と呼ばれるもので、全国の獅子舞の中でも特異な形態であり、剣や長刀などを持った少年が獅子と闘い退治するものである。練習を重ね、秋の「どぶろく祭」などに全演目が演じられる。

地区によって演目が異なり、7地区の獅子舞保存会(平瀬・木谷・荻町・鳩谷・飯島・やまが・小白川)によって継承されている。

概要

種別 無形民俗[県指定]
継承者 村内7保存会
指定年月日 平成8年11月21日
このページについてのお問い合わせ
担当課:教育委員会
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ