暮らしの情報 文化財
Print This Post

法連寺山門

最終更新日:2018年10月5日
法連寺山門

法連寺山門

解説

光曜山照蓮寺は昭和34年御母衣ダム建設に伴い、荘川村中野から高山市に移転された。法連寺はこの折りに山門を拝領し移築した。

山門の形状は「薬医門」といわれ、本柱が軒下りよりやや表側に寄って立ち、背後に控柱を備えているのが特徴である。国重要文化財の照蓮寺と同材の杉造りの門で、永正元年(1504)に照蓮寺本堂と同時に建築されたものであると伝えられている。

概要

種別 建造物[村指定]
所在地 白川村鳩谷592番地
員数 1棟
指定年月日 昭和45年12月9日
説明 桁行3.6m×梁間2.0m
このページについてのお問い合わせ
担当課:教育委員会
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ