暮らしの情報 文化財
Print This Post

明善寺鐘楼門

最終更新日:2018年10月5日
明善寺鐘楼門

明善寺鐘楼門

解説

屋根は茅葺きであるが、一階に板庇をつけた珍しい建築物である。享保元年(1801)大工加藤定七により、延人数1425人を要して建てられたと伝えられる。梵鐘は第2次世界大戦中に供出され、戦後鋳金美術の大家中村義一に依頼し設置された。

概要

種別 建造物[県指定]
所在地 白川村荻町679番地
員数 1棟
指定年月日 昭和43年5月6日
説明 桁行3.6m×梁間4.0m
このページについてのお問い合わせ
担当課:教育委員会
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ