暮らしの情報 文化財
Print This Post

おおたザクラ

最終更新日:2018年10月5日
→

おおたザクラ

解説

このサクラは、画家の太田洋愛氏が本覚寺境内で昭和44年(1969)5月に発見したサトザクラの新種である。

全国にあるどの桜とも異なり、特に花弁(90枚以上)が多く、めしべの数(15~20本)も多いことなど新種と確認された。

古来より「塩釜桜」といわれ、開花時を作物の種蒔きの目安にしていた。住古、嘉念坊から荻町道場の弥吉に下附されたという伝説がある。

概要

種別 天然記念物[県指定]
所在地 白川村荻町385番地
員数 1本
指定年月日 昭和47年7月12日
説明 根まわり2.25m 樹高6.7m
このページについてのお問い合わせ
担当課:教育委員会
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ