暮らしの情報 文化財
Print This Post

白水の滝

最終更新日:2018年10月5日
白水の滝

白水の滝

解説

白川村平瀬から大白川橋を渡って、県道白山公園線を約12.5km進んだところの道路下の遊歩道で5分の位置にある。白山国立公園内の原生林に囲まれた中にあって、絶壁を流れ落ちる水は地響きを立て、滝しぶきは水煙となって立ち上がる。この流れ落ちる乳白色の水色から「白水の滝」と呼ばれ、「白川郷」という名の由来もここに起因すると伝えられている。

概要

種別 名勝[県指定]
所在地 白川村平瀬ワリ谷535
指定年月日 昭和33年12月14日
説明 滝の高さ72m 滝幅8m
このページについてのお問い合わせ
担当課:教育委員会
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ