暮らしの情報 文化財
Print This Post

又四郎のナシ

最終更新日:2019年11月15日
→

又四郎のナシ

解説

秋の収穫が終わり、家の周囲の雪囲いで厳しい冬に備える頃から、各家で手次の住職を招いてホンコサマ(報恩講)が行われる。これは宗祖親鸞聖人と先祖に対する報恩感謝の仏事で、精進料理の他にチャノコ(茶菓子)がだされる。

チャノコはクリ・クルミ・カキ・ナシなどで、飢饉に備えても貴重な食糧でもあった。従って、家の周りに競ってカキ・ナシ・モモなどを植樹しており、このナシもその歴史の中で育まれた1本である。

概要

種別 天然記念物[村指定]
所在地 白川村木谷528番地
員数 1本
指定年月日 平成7年1月19日
説明 目通り6.08m
このページについてのお問い合わせ
担当課:教育委員会事務局
TEL:05769-5-2180 FAX:05769-5-0016
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ