暮らしの情報 生活全般
Print This Post

宝くじの助成金によるコミュニティ助成事業

最終更新日:2013年8月9日

財団法人自治総合センターが全国自治宝くじの社会貢献広報事業として行っている助成で、宝くじの受託収入を財源として、集会施設やコミュニティ活動備品の整備、安全な地域づくり等に対して助成を行い、地域のコミュニティ活動の充実・強化を図ることにより、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与するための事業を行っています。

申請方法

助成事業の募集要項や、申請書の様式については、財団法人自治総合センターのホームページでご確認いただけます。コミュニティ助成事業の申請は、白川村で受付し、岐阜県を通じて、財団法人自治総合センターに提出します。平成26年度分の助成を希望される団体は助成申請書を、平成25年10月18日までに総務課・財政担当へご提出ください。

なお、助成の決定は、財団法人自治総合センターが行います。また、申請された全ての事業が必ず助成されるというわけではありませんのでご注意ください。

リンク

助成の内容

1件につき次の額で10万円単位とする。(10万円未満は切り捨て)

対象事業 助成金額 内容
(1)一般コミュニティ助成事業 100万円から250万円まで コミュニティ活動に直接必要な設備の整備に関する事業。
(2)コミュニティセンター助成事業 対象となる総事業費の5分の3以内。1,500万円まで コミュニティセンターや自治会集会所など集会施設の建設整備に関する事業。(大規模なものに限る)
(3)地域防災組織育成助成事業 30万円から200万円まで 当該地域を災害から守るために自主的に結成した組織や連合体が行う災害の被害防止活動および軽減活動に直接資するものの整備等に関する事業。
(4)青少年健全育成助成事業 30万円から100万円まで 主として親子で参加するソフト事業〔スポーツ・レクリエーション活動に関する事業、文化・学習活動そのたイベント等に関する事業等〕

その他 広報について

クーちゃん

「コミュニティ助成事業」は、ジャンボ宝くじ等の受託事業収入を原資としており、地域のコミュニティ活動の充実・強化を図り、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与することを目的とする事業です。

上記趣旨から、下記の2点が必須となっております。

  1. 施設・設備若しくはイベント等ソフト事業のポスター・チラシ・看板等に、「表示に関するデザインマニュアル」に定める宝くじの広報表示を行うこと
  2. 広報誌等を通じ「宝くじの助成金で整備した」旨の広報を行うこと
このページについてのお問い合わせ
担当課:総務課
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ