白川村について 農林業
Print This Post

農地転用について

最終更新日:2012年6月15日

農地法第4・5条(農地転用)許可申請について

  • 田・畑を農地以外のものに転用する場合、農地法に基づく許可を受けなければなりません
  • 所有者自らが転用する場合は農地法第4条、転用目的で売ったり、貸したりする場合は農地法第5条の許可申請になります。
  • また、農業振興地域内の農用地区域である土地については、農用地区域から除外後でないと転用申請ができません。

農地法第4・5条申請関係の提出書類

  1. 許可申請書(添付書類も含め3部)
  2. 土地登記簿謄本(全部事項証明書、3ヶ月以内に交付を受けたもの)
  3. 字絵図、位置図、建物等の配置図、建物等の平面図
  4. 見積書(造成費、建築費等)
  5. 事業計画書(資材置き場、建売分譲住宅の場合)
  6. 法人の登記簿謄本及び定款(法人申請の場合)
  7. その他農業委員会が必要と認めた書類
世界遺産地区(荻町)については、伝建審議会の許可が必要となります。

詳細は、農業委員会事務局まで問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ
担当課:基盤整備課 農林係
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ