白川村について さまざまな取り組み
Print This Post

社会資本整備総合整備計画について

最終更新日:平成28年4月1日

 社会資本整備総合交付金は、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図るといった目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援する制度です。

 

地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、公表することとなっています。

白川村では以下の社会資本総合整備計画を策定しました。

 

・白川村における循環のみちの実現

 

【岐阜県との共同計画】

4.県内各地域の実情に応じた多様できめ細かなニーズに対応した道路整備

22.岐阜県内市町村における道路施設の的確な維持管理の推進(防災・安全)

27.岐阜県内の地域における道路ストック老朽化対策、防災・減災対策、生活空間の安全確保対策の推進(防災・安全)

このページについてのお問い合わせ
担当課:基盤整備課 建設係
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ