白川村について 統計・要覧
Print This Post

白川村の観光統計

最終更新日:2018年3月2日

白川村への観光入込数を公開します。この調査結果は村内における主要な観光地点(合掌集落、平瀬温泉、白山白川郷ホワイトロード(旧白山スーパー林道)など8地点)に入り込んだ人数を合算して算出されます。

また、宿泊者数(外国人含む)は、宿泊業者からの報告を基に推計されています。日帰り外国人入り込み数は、村営せせらぎ駐車場及び臨時駐車場を利用した貸切バスから、国別にカウントした数値から推計しています。

観光客の推移

平成29年観光入込み客数は約176万人

この度、平成29年白川村観光統計が確定し、発表する運びとなりました。統計概略としましては、全体入込が1,761千人、内訪日外国人観光客数は652千人となりました。前年比にしますと、全体では2%の減少という結果でした。

日本人観光客と訪日外国人観光客の内訳は、日本人観光客が9%減少の1,206千人に対し、訪日外国人観光客は前年比9%増加の652千人となりました。日本人の国内旅行者が年々減少している一方で、訪日外国人旅行者は年々増加傾向にあることが特徴です。

(単位:千人)
日帰り客 宿泊客 前年比 備考
2017 1,666
(613)
95
(37.9)
1,761 97.9% 交通対策通年、白山開山1300年
2016 1,701
(561)
97
(31.1)
1,798 104.1% 交通対策通年、円安、オリンピック
2015 1,642
(235)
85
(28.1)
1,727 115.1% 交通対策通年、円安、ホワイトロード変更、世界遺産20周年、北陸新幹線開業
2014 1,425
(195)
76
(16.7)
1,501 104.8% 交通対策通年、円安、外国人増
2013 1,356
(134)
76
(14.7)
1,432 103.8% 交通対策週末、外国人増、円高不況
2012 1,310
(81)
69
(7.9)
1,379 105.6% スカイツリー、第二東名、オリンピック、円高不況、交通対策19日
2011 1,233
(55)
73
(4.9)
1,306 82.1% 東日本大震災、ETC1000円終了(6月19日)、交通対策19日
2010 1,499
(104)
91
(3.0)
1,590 91.9% 円高不況、交通対策19日
2009 1,643
(72)
88
(4.2)
1,731 93.0% ETC1000円(3月28日)、新型インフルエンザ、円高不況、大型車両規制(9月)、交通対策18日
2008 1,762
(123)
99
(3.9)
1,861 127.1% 高速全線開通(7月5日)、白山白川郷ホワイトロード(増)、交通対策18日
2007 1,373
(119)
91
(2.4)
1,464 99.9% 白山白川郷ホワイトロード(減)、合掌集落(普通 増)、交通対策18日
2006 1,379
(79)
87
(2.4)
1,466 102.0% 交通対策8日
2005 1,356
(50)
81
(1.4)
1,437 99.2% 愛知万博、しらみずの湯・トヨタ白川郷自然學校OPEN
2004 1,384 64 1,448 92.9% アテネ五輪
2003 1,495 64 1,559 100.9% 平瀬バイパス
2002 1,483 62 1,545 108.6% 白川郷IC(11月)、スーパー10月閉鎖
2001 1,358 65 1,423 115.0% ライトアップ予約制、クアハウス閉鎖、新電力館OPEN
2000 1,175 62 1,237 116.7% 平瀬キャンプサイト、福島トンネル、五箇山IC(4月)、清見IC(10月)
1999 1,003 57 1,060 101.2% 白真弓他、荘川IC(11月)
1998 989 58 1,047 97.5%  
1997 980 94 1,074 105.4% であいの館、保存財団設立
1996 886 133 1,019 132.2% 小呂駐車場、道の駅ミュージアム、焰美術館
1995 674 97 771 114.9% 世界遺産登録(12月9日)
1994 582 89 671 120.9% 世界遺産推薦
1993 468 87 555 80.9% であい橋
1992 573 113 686 100.3% 荻町バイパス
1991 565 119 684 102.4% 電力館OPEN
1990 556 112 668 101.2%  
1989 545 115 660 108.6% 大白川露天風、ペアリフト
各年の数値は、1月〜12月を1年として計上しています。
2005年以降の日帰り客、宿泊客下段の緑色の数字は、それぞれの人数に含まれる外国人観光客数を表しています。

公共駐車場台数(せせらぎ・寺尾・みだしま)

(単位:台)
2015(平成27) 2016(平成28) 比較
駐車台数 普通車 187,695 198,397 10,702
大型車 21,513 22,710 1,19
209,208 221,107 11,899

外国人入込み観光客数

訪日外国人観光客の国別入込客数トップ3は、第1位が全体の45%を占める台湾で、続いて第2位が全体の14%占める中国、そして第3位は全体の9%を占めるタイと続きます。また、国別伸び率トップ3は、第1位が42%の伸び率となる韓国で、続いて第2位が28%のインドネシア、そして第3位が香港となっています。

そのほか近年は、FITと呼ばれる海外個人旅行が増加傾向であることから、レンタカーを利用して訪れる訪日外国人観光客が増加しています。

(単位:人)
2016(平成28) 2017(平成29)
日帰り
宿泊
561,318
31,108
613,599
37,977
592,426 651,576

2017(平成29)年の観光統計詳細

2016(平成28)年度 飛騨地域外国人観光客動態調査事業の概要版について

飛騨地域3市1村及び岐阜県で構成する飛騨地域創生連携協議会では、飛騨地域を訪問する外国人観光客の動向を把握・分析し、広域連携による観光振興を検討するための基礎資料とするため、外国人観光客の動態調査事業を実施いたしました。

以下のとおり概要版を公開いたしますので、市内事業者の皆さま方におかれましては、外国人観光客の集客プロモーションなどに是非ご活用ください。

get_adobe_reader *PDFファイルがご覧になれない方は、左画像リンク先の「Adobe Reader」をダウンロード(無償)してご利用ください
このページについてのお問い合わせ
担当課:観光振興課 商工観光係
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-2016
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ