07
May
2013
by 白木 光成

春と熊

最近は異常気象なのか、各地で夏日を観測しているニュースを横目に、白川村は例年より涼しく感じており、どうも春はまだまだ遠いように感じております。しかし、村内の桜もだいぶん散って、若葉が顔を出してきております。山もいよいよ新緑に染まる事でしょう。

ただし、これから咲く桜もございます。以前にもご紹介しました「おおた桜」はようやく蕾が膨らんできたようです。例年であれば5月初旬に開花しており、昨年は5月7日に開花を確認しております。今年は気温も冷えているせいか若干遅いような気がします。(写真撮影:戸川)

おおた桜(2013年5月7日)ffffffおおた桜(2013年5月7日)
おおた桜(2013年5月7日)

荘川桜については連休より満開を向かえており、今が丁度ドライブにももってこいの季節ではないでしょうか。

しかし、春といえば「桜」だけではございません。農山村の春は田畑を耕し、農作業に励む傍ら、色んな動植物や昆虫の目覚めを感じられる季節です。

そんな中、何と「熊」を動画に収められた村民の方いらっしゃいました。その衝撃の映像がこちら、、、


2013年5月1日 下山武久氏撮影(白山スーパー林道内横谷にて)

はっきり言って私自身今までに本物の熊を見たことはありません。もちろん映像としても、熊が木の枝を折りながら木の実(?)を食べる姿は、はじめて見たので驚きました。

熊が生息する山を歩いていると、木の上に「熊棚」と呼ばれる熊が補食した跡を見ることができます。熊は木に登り木の実を食べるのですが、手前に木の枝を折りながら食べ、食べた枝は足下へ敷き詰めていく習性があるようです。この映像はまさにその証明なのではないかと思います。

熊は主にブナの実を食べて生息しており、山に十分な木の実が不足しない限りは人里へおりてくることは無いといわれております。しかし、これから登山などで山には入られる方へ重要なお願いがございます。熊は繊細な動物でありながら、場合によっては大変凶暴な動物です。山で熊と発見された場合は近づかず、その場から離れてください。特に小熊を発見された場合は、親熊が近くにいる可能性が高い上に凶暴な為、その場から速やかに離れてください。

また、観察される場合においても十分な距離をとって観察してください。ちなみに今回の映像も十分な距離をおいてズームで撮っており、安全を確保した上での撮影と伺っております。

人間同士が共存する社会においてもマナーと秩序が常に問われるように、自然の中で共存する私たちにおいてもマナーを守り秩序ある行動が必要ではないでしょうか。楽しむことはもちろんですが、安全により長く楽しんでいただけるよう、皆様のご協力をお願い申し上げます。

また春から夏へかけて新緑が目にまばゆい白川村になります。寒さも和らぎ白川村へも来やすくなっております。連休明けではございますが、是非この機会に白川村へお越しください。

spacer
▲このページの上へ