21
May
2013
by 松本 継太

役場職員互助会のゴミ拾い

5月18日土曜日の早朝、毎年恒例の役場職員互助会による国道156沿いの美化運動が行われました。

ゴールデンウィーク前の4月29日には白川村民による村内一斉美化運動が行われ村内のゴミ拾いを行っていただいておりますが、ゴールデンウィークを挟んだこの時期と秋の年2回、沿道に投棄されたゴミを拾う目的で行っています。

R156沿道のゴミ拾い

R156沿道のゴミ拾い

また、他の村内の各団体「世界遺産合掌街道実行委員会」、「156改良連絡協議会」、南部地区の「新生会」の皆さんにも同じ時期に分担して国道156号沿いのゴミ拾いを行っていただいております。

収集した可燃ゴミ

収集した可燃ゴミ

ゴミにはいろいろなものがあり、空き缶やたばこの吸い殻が主なものですが中にはプリンターや布団などの大きなものも投棄されていました。

お越し頂く観光客の皆様に美しい白川郷をご覧いただくため、村民の皆さんと共に毎年取り組んでいます。活動の主旨にご理解をいただき、お越し頂く皆様のご協力も何卒よろしくお願いいたします。

埋め立てゴミ

埋め立てゴミ

spacer
▲このページの上へ