暮らしの情報 保険・医療
Print This Post

妊娠・出産したときの手続き

最終更新日:2017年4月1日

母子健康手帳の交付

医師または助産師の診断を受けたら、早めに妊娠届を提出して、母子健康手帳の交付を受けてください。

平成28年1月から社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)により、個人番号(マイナンバー)の確認と本人確認が必要となります。

場 所 白川村役場 村民課
必要なもの 妊娠届出書
上のお子さんの母子手帳
個人番号と本人確認のための1~3のうちいずれかの書類
  1. 個人番号カード(マイナンバーカード)
  2. 個人番号が記載された通知カード+顔写真つき身分証明書1点(運転免許証、パスポートなど)
  3. 個人番号が記載された通知カード+顔写真のない公的書類2点以上(健康保険証、年金手帳、住民票など)
代理の方が届け出をされる場合は、代理権の確認、代理の方の身元確認、妊婦さんの個人番号の確認を行います。届け出の際に以下の書類の提出をお願いします。
  • 代理権の確認-委任状 妊娠届出書 届出委任状(PDF 85KB)
  • 代理の方の身元確認-顔写真つき身分証明書(個人番号カード、運転免許書など)
  • 妊婦さんの個人番号-個人番号カード(写しでも可)もしくは個人番号が記載された通知カード(写しでも可)
母子健康手帳を大切にしましょう。
赤ちゃんの出生から幼稚園(保育所)、小学校入学以降も成長する過程の記録や予防接種を受けた記録ができます。大切にして十分活用してください。

妊婦一般健康診査受診票の交付

母子健康手帳と同時に、妊婦一般健康診査受診票(14回分)が交付されます。

安全なお産のために定期的に妊婦健診を受診しましょう。受診票により、妊婦一般健康診査の公費負担助成が受けられます。

委託医療機関

県内(飛騨圏域以外)の医療機関

岐阜県内の産科、および婦人科を持つ医療機関を利用する場合、委託医療機関とは異なる受診票を交付します。

飛騨圏域、および県外医療機関(委託医療機関外)

いったん医療機関窓口で全額支払っていただき、後日、白川村から助成費用をお支払いする、償還払いをします。

■ 償還払い手続き方法

場 所 白川村役場 村民課
必要なもの 医療機関の領収書と明細書
償還払い申請書
印鑑
振込先口座が確認できる書類
※ご注意:確定申告の際、助成を受けた分は医療費控除の対象となりません。

新生児聴覚スクリーニング検査

生まれたばかりの赤ちゃんの耳の聞こえを検査します。聴覚障害は、赤ちゃんのうちに早期に発見して適切な支援を行うことが必要です。

検査は、生後1~2日目ころ、入院中に行います。痛みを伴いませんし、薬も使用しないので、短時間で行うことができます。

委託医療機関

委託医療機関以外

いったん医療機関窓口で全額支払っていただき、後日、白川村から助成費用をお支払いする、償還払いをします。

■ 償還払い手続き方法

場 所 白川村役場 村民課
必要なもの 新生児聴覚スクリーニング検査受診票(A4の複写用紙の2枚目)
白川村新生児聴覚検査助成申請書兼請求書
母子健康手帳
印鑑
振込先口座が確認できる書類
このページについてのお問い合わせ
担当課:村民課
TEL:05769-6-1311 FAX:05769-6-1709
→ メールフォームからのお問い合わせ
spacer spacer
▲このページの上へ